県北地区支部

県北地区は、佐世保市を中心とした地域で、3つの支部で活動しています。
会員は第1支部751名、第2支部252名、第3支部249名、計1,255名で、殆どの活動は3支部合同で協議し計画を立て実行しています。
役員は、第1支部5名、第2支部5名、第3支部4名、計14名で、役員会は毎月1回、役員と施設リーダー会議は各月1回開催し、特別な事態が生じた時は、支部長と幹事長(6名)で、臨時会議を開催します。
会議の出席率は90%で、役員間のコミュニケーションも良好で、発言は活発、行動は確実で、全般的な運営はスムーズに進行しています。
現在、活動の重点目標は、以下の3点を上げ、実施可能なものから行動しています。
【重点目標】
1、人材の育成・・・・・中間管理職と施設リーダーの看護連盟活動の理解と参加
2、政治力の強化・・・・・市長・国会議員・県議会議員・市議会議員との交流と研修会
3、看護協会との合同研修会

平成26年度の実施した内容では、看護協会との合同研修、市長・議員との交流は、実のあるものとなり、参加も多く好評でした。
看護協会と連盟の関連性や、佐世保市を中心とした県北地区の社会情勢等については、大変良い学びになりました。
数学的にみると、もう一息というところでしょうか。
今後も社会状況・高齢社会に注目した活動を続けたいと考えています。



kenhoku_s01kenhoku_s02