平成28年度 病棟リーダー・施設連絡員研修会

2016年12月21日
県北 日時:平成28年9月10日(土)13:30~16:00     参加者45名          場所:長崎県看護キャリア支援センター 研修室C    県南・県央 日時:平成28年11月12日(土)13:00~15:30 参加者83名 場所:長崎県看護協会長崎会館 5階 研修室 1.基調講演 病棟リーダーとしての取り組みから投票につながったこと 佐世保市総合医療センター                長崎記念病院  重村 園子    西原 イサ子         古場 敬子   山口 みどり 2.グループワーク   ①病棟リーダー・施設連絡員としての自身の役割を果たすことができていたか    ・病棟会を活用して、国会へ代表を送ることの必要性を説明した。    ・期日前投票にいくように促し、シールを貼り意識づけた。   ②今後、リーダーとして活動のあり方を考える    ・研修などに出席して、県の目標を知ることが大切。    ・うまくいっている施設のやり方を、参考にする。    ・役割を持つことで自覚するので、多くの人がリーダーなどの役割を経験することが大事。    ・管理者のリーダーシップとフォローが必要 今回、2回の研修会では、病棟リーダーの取り組みについて2施設の代表の基調講演がありました。具体的な実 施活動が発表され、施設が一体となって取り組んでいる様子が伺えました。また、グループワークでは病棟リー ダーとして活動しやすかった施設や難しかった施設間での活発な意見交換が行われどのようにすれば政治運動ができるのかが今後の課題に上がっていました。下記は、2回の参加者のアンケート結果です。 施設リーダー病棟連絡員研修アンケート結果 出席者128名 回収119枚(回収率93%)       ・昨年度のリーダー研修会参加率 65% ・リーダーの役割を理解し活動できた率 62% ・自部署で期日前に行くように促した 85% ・自分自身が期日前投票に行った 76% アンケートの結果よりリーダーの役割を理解して活動できた率は62%ですが期日前投票への促しは85%で役割はかなり達成できたと思います。今後も研修を通して自施設にあったリーダーの活動内容を深めてほしいと思いました。佐世保医療センター 西原 佐世保医療センター 重村